トイレで健康チェック!
活き活きした職場づくりをサポートします

毎日かんたん健康チェック。いつも通りトイレを使うだけで、体調を見える化。
導入企業様の管理コストもありません。

身体の「見える化」で新しいセルフケア体験を

健康リスクを下げるには生活習慣の見直しが重要です。しかし、日々の体調を知る方法がなければ

  • 自覚症状が出るまで異常に気づくきっかけが少ない
  • 日々の努力の結果を知るすべがない
のが現状です。

「トイレで健康チェック」の特徴

必要なものはスマホだけ。
デバイスが設置されているトイレで健康チェックをしましょう。

 
1. かんたん検査
誰でもかんたん。気軽にセルフケア。採血など身体の負担ゼロ。
 
2. いつもの生活に浸透
毎日使う場所で。高い継続率が特徴。自動測定で検査忘れも防止。
 
3. 身体をリアルタイムに見える化
個人別に健康情報を提供。食生活のゆがみから病気まで幅広く。

かんたんだから、気軽に測定できる。ずっと続けられる。

サイマックスの健康チェックの流れ

1.いつものようにおしっこをする
2.IDカードをタッチ
3.スマホに結果が届く

たったこれだけでOK。

サービスのしくみ

測定データは暗号化され
クラウドサーバーに送信

サイマックス独自の解析技術で
結果を解析し、結果を蓄積

スマホに測定結果と個人別の
健康情報をすばやくお届け

初期費用不要。まずはトライアル利用から。

社員向け健康支援サービス

活き活きした職場づくりをサポート

オフィスのトイレに置くだけ。
活動量計のように社員別にデバイスを配布する必要はありません。データやデバイスの管理、面倒な工事も不要です。

社員の体調不良によるパフォーマンス低下は
企業の大きな負担になっています

健康に関する企業損失のうち、体調不良による生産性低下によるものが78%。
企業が負担する医療費の5倍にものぼります。

社員ひとりあたりの健康関連の企業負担額は年間724,868円です。

引用:平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業「健康経営評価指標の策定・活用事業成果報告書」

毎日使うオフィスのトイレで気軽にできる
あなただけの健康アドバイザー

オフィス導入のメリット

社員のパフォーマンス向上
健康リスクの高い社員のパフォーマンスは低下します
日々の体調を「見える化」することで社員みずからの健康意識を高めます

離職率の低下
社員が健康になると離職率も低下するといわれています
離職率や長期休職率を下げたい企業様に

企業リスクの軽減
社員の健康リスクを下げて、企業が抱えるリスクも低減
企業リスク管理の観点からも社員の健康支援は重要です

サービスご利用開始までの流れ

ステップ1
まずはお問合せください

ステップ2
サービス説明
ご活用方法のカウンセリング

ステップ3
トライアル導入で
気軽にお試し下さい

初期費用不要で利用できます

初期費用
サービス利用料金(月額)
複数のプランからお選びいただけます

初期費用不要。まずはトライアル利用から。